2013年01月14日 第11回かながわ薬剤師学術大会にて発表しました。

首都圏が吹雪・大雪に見舞われた1月14日(成人の日)に、パシフィコ横浜において「第11回かながわ薬剤師学術大会」が開催され、4年連続となるポスター発表を弊社社員が行いました。

今年のテーマは「一般名処方の促進による後発医薬品の普及と薬剤費削減への影響について」でした。昨年4月の調剤報酬改定により、一般名処方が普及され、後発医薬品使用の促進や、調剤報酬の減額に影響がどのように出たかを、社内薬局の法改正前後のデータを比較検討した内容になりました。
交通網への多大な影響が出ていたにも関らず、大勢のギャラリーで、会場がにぎわっていました。


<< 一覧ページへ



↑ページのトップへ