2013年06月28日 「印鑑授与式」を行ないました。

私たちの会社が定期的に新卒の採用を始めて約15年が経ちますが、研修終了時に毎年実施している儀式があります。
「印鑑授与式」といって、処方箋押印用の印鑑を、新入社員の研修期間終了時に、社長訓示と共に授与するというものです。

弊社では、4年制の新卒採用時では4ヶ月、6年制では3ヶ月の研修期間を終え、配属が決まるまでは、処方箋の押印を許可しておりません。
調剤時に処方箋に押印をする意味と責任の重さを理解してもらうためです。
7月から新入社員の配属が決まりました。印鑑授与によって、仕事に対する使命感、責任感が芽生え、大いに活躍してくれんことを期待しております。


<< 一覧ページへ



↑ページのトップへ